カテゴリー

【7日間無料メール講座】『写真と動画で分かりやすい!初心者でも描ける♪願いを込めるヘナアートレッスン』ヘナアート模様の意味と描き順が7日間メールで届きます♪
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

archives

ヘナとは

0

    ヘナ(Henna・ヘンナ)はインド、スリランカ、イラン、ネパール、イラク、パキスタン、アフリカ、モロッコなど、

    熱帯地方で1メートルから3メートルほどの高さまで育ち、

    学名を"Lawsonia inermis"、和名を指甲花(シコウカ)というミソハギ科の植物です。

    葉にはタニク酸が入っていて、自然染色する性質を利用し、染料として使用されています。


    葉の部分を粉末にしたものがヘナパウダーです。
    メヘンディ(ヘナアート・ヘナタトゥー・ヘナペインティング)はヘナパウダーに水や紅茶、
    コーヒーなどを加え、ペースト状にして描きます。

    ヘナと人の歴史は古く、かつては古代時代から愛用されています。

    花はオイル、香水として使われて、葉はヘアトリートメントやヘアカラー、爪のマニキュアとして使われ、

    日焼け止め、抗菌、殺菌、やけど、発熱、頭痛、不眠、老廃物の排泄、皮膚病など、

    医学的治療のための薬剤として使われてきました。

    ヘナは体に悪くないの?

    ヘナの染料としての成分(ローソニア)が、布地に色を染めるように肌の角質津に着色させるのがメヘンディ。

    私は最高級とされるインドのラジャスタン州のヘナの粉末を使用しています。

    今、整髪などでもヘナが注目されているように、ヘナは非常に体にも優しい植物成分だということ。

    化学物質なのど混ぜ物は一切しない天然成分100%なのでご安心下さい。

    *植物へのアレルギー反応を起こしやすい方は、天然のヘナの酸性成分に反応し、

    腫れ、かぶれ、かゆみなどが起こる場合があります。

    【ちょっと待って、そのヘナは大丈夫?】

    最近、海外でメヘンディを体験した方から「もっと黒く染まったよ」「1ヶ月以上、肌に残ってたよ」という話を聞きます。

    でもちょっと待って。


    純粋なヘナは安全ですが、化学物質と混ぜるとヘナの作用に皮膚や髪が反応してしまうので注意が必要です。


    天然100%のヘナではオレンジ〜茶色にしか染まりません。
    角質の再生とともに色が落ちるため、1週間〜3週間で消えていきます。


    ブラックヘナを取り扱っている人にはその危険性を知らずに使っている事が多いのも事実。けっして体にいいとは言えません。

     

    市販のヘナペーストにも防腐剤や安定剤、保存料が含まれていることが多いです。
    研究が進み、化学物が少しでも入ったヘナは発ガン性の危険性や皮膚にダメージを与えることが明らかになっています。

     


    ヘナの歴史

    0

      メヘンディ、4000年の歴史

      ヘナには古くは3000年〜4000年の歴史があるといわれています。

      インドでは医学的に発展し、いまでも様々な皮膚のトラブルの塗り薬として親しまれています。
      結婚式では必ず幸せを願うメヘンディが施されます。


      ヒンドゥー神話に伝わる吉祥の女神ラクシュミーが好む植物といわれることから、

      濃く染まるほど、相手から愛され、幸せになれると言い伝えられています。


      女神パールバティがシヴァ神の気を引くために全身にメヘンディを施したという神話もあります。
      ブッダはヘナを体に塗って瞑想にふけったとも伝えられています。

      エジプトでは口紅やマニキュアなどの化粧品として発展しました。
      ピラミッドにはヘナアートを描く女性の壁画があります。


      防腐剤としても使われ、ミイラの包帯もヘナで染められているのでオレンジ色をしています。


      クレオパトラはヘナの花の香りを好み、香水や入浴剤として愛用していました。
      ヘナの葉も入浴剤として使い美肌効果を得ていました。

      このような歴史から、ヘナは今日においても精神的な側面を持つようになったのです。

       


      各国のヘナ

      0

        ■インド■

         

        インド伝統のヘナボディアートモチーフにはひとつひとつ意味があります。


        花は感謝、ペイズリーは充実、ピーコックは幸せを運ぶなどです。

         

        インドでは女性のファッションとして日常的に描かれますが、
        特に結婚式にはメヘンディワーカーの手によって繊細なブライダルメヘンディが施されます。

         

        両手両足にレースの手袋のようにかかれるメヘンディは、結婚生活が幸せなものになるように願って描かれます。

         

        左右対称のデザインや直線的なデザインが多く見られます。

        ■アラビア■

         

        アラビアではお祭り、結婚や出産、病気回復のお祝いのときに、神様への感謝の気持ちを込めてヘナアートを描きます。
        両手に大胆なラインで、流れるような花柄を描きます。

        ■北アフリカ■
        エジプト、モロッコ、スーダンなどの北アフリカでは、魔よけや厄除けの意味でヘナアートを描きます。
        また、砂漠の強い日差しから肌を守る日焼け止めとしてや、
        角質ケアのために足の裏にヘナを塗ったりもします。

         

         


        ◇願いを込めるヘナボディアート◇

        植物染料ヘナで描く、約2週間で消えるボディアート
        インド伝統の模様に願いを込めて描きます

         ◎ヘナボディアート料金はこちら

        京都市山科区 
        地下鉄東西線 東野(ひがしの)駅ちかくの
        おうちサロンにて
        ヘナボディアートをお描きしています。
        詳しい住所はご予約の際にお伝えいたします。

        ■LINE 
        ID lovedchild 田中愛子(佐藤)を登録して
        ご連絡くださいね♪

        ■電話
        お急ぎのご連絡・お問い合わせはお電話にてお願いいたします
        080-6181−4110

        ■メール
        スマホからも使えるメールフォーム

        ■Facebookもやってます!
        女性歓迎♪
        リクエストお待ちしています(^-^)
        田中愛子(佐藤)のFacebookはこちら

         

         

        ◆無料メール講座! ヘナアートをカンタンに描くコツ知りたくないですか? 

         

        ヘナアートの模様の意味や、描き順が知りたい!という声にお応えして、

         

        無料のメール講座が出来ました♪

         

        写真たっぷり☆動画も合わせて分かりやすい♪

         

        一週間のメール講座が終わるころには誰でも伝統のヘナアート模様が描けるようになりますよ!


        『写真と動画で分かりやすい!初心者でも描ける♪願いを込めるヘナアート 伝統模様の意味と描き順』
        購読申し込みはこちら

         


        ■ヘナアートが描けるようになりたいあなたへ レッスン&スクール■

        「描いたことも描いてもらったこともないんです…」「絵心ないけど大丈夫ですか?」誰でも描けるようになる描き順とコツをお伝えします
        趣味のヘナアート基礎をしっかり2回コース

        「田中愛子さんのようにヘナアートを仕事にしたい」「スクールも開講できる講師になりたい」本気のあなたのための講師養成スクール
        ヘナボディアート講師養成スクール体験説明会

         

         

         


        | 1/1PAGES |